指導者の資質とは

query_builder 2024/05/31
ブログ

こんにちは、亀ちゃんです。


毎日、気温が乱高下して、体調管理も難しくなる季節になりました。


先日思いがけず、3月に終了した講習生がひょっこり当社へ顔をみせました。


先に行われた2級ガソリン整備士の学科試験に合格したと、わざわざ報告に来てくれたとの事。


こんなことが有ると、講習を担当していて、とても嬉しく思えます。


人に何かを教えるというのは、確固とした信念を持たなければいけないと思います。


今回は指導にまつわる、私が失敗したというお話。


私には長男、次男、長女の3人の子供がいます。


長男が小学校3年生の時、同級生の保護者の紹介からソフトボールのチームに入る事になりました。


それがきっかけで、3人ともソフトボールをやることになったのですが、その後、チームが解散したり、チーム内のトラブルが有ったりで、3つ目の○げつち○ストロボーイズというチームに5年生の次男と3年生の長女が入団する事になりました。


初めは和気あいあいとした雰囲気で良いなと思っていたのですが、次第に気になることが出てきました。


入団した直後の大会のトーナメントの1回戦で試合に勝利した時、子供達をはじめ保護者達も異常な程、喜んでいたので、私は訳が分かりませんでした。


聞けば現役の子供たちは、今まで公式戦で勝ったことが無かったとの事でした。


その為、子供たちは負けて当たり前、試合中にミスが有っても、反省して次は勝とうという気概が全く感じられないチームでした。


そしてその数年後、長女が6年生の時に、人材不足から娘がチームのキャプテンをする事になりました。


その頃には、保護者の協力もあり、1、2回戦ぐらいは勝ち進めるようになってきていました。


すると次第に娘は、練習に行くことを渋るようになってきました。


訳を聞くとチームメイトが、自分の指示を全く聞いてくれないとの事でした。


また、試合に負けると、監督の機嫌が悪くなるようになり、キャプテンである娘に当たり散らすようになってきたとも聞きました。


次第に娘は、大人の男の人に恐怖を感じるようになり、週末の練習の日が近づくと、発熱したり吐くようになっていきました。


次第に学校へ行くにも、支障をきたすようになってしまいました。


私は子供達に、礼儀とか団体行動の大切さを、身に着けさせるために、ソフトボールをさせていたのですが、指導者である監督は、そんなことを教える気は全くなく、自分の趣味の為にチームをやっているとの事でした。


娘の意向で、直ちにチームを辞めさせたのですが、それから6年経った現在でも、娘は未だにトラウマを抱え、人との交流に消極的になってしまいました。


親がきちんとした指導者を選ばなかった為に、娘の貴重な学生生活に影響を及ぼしてしまいました。


このような体験から、私自身が人に教える場合、その人がその後活躍できるように、信条をもって関わっていきたいと思っています。


それでは、また。






NEW

  • 指導者の資質とは

    query_builder 2024/05/31
  • ハイブリッド車の意外なメリット

    query_builder 2024/04/27
  • 知ってますか?ハイブリッド車の事

    query_builder 2024/03/27
  • 整備事例ご紹介します④

    query_builder 2024/02/28
  • OBD検査 始まります!!

    query_builder 2024/01/30

CATEGORY

ARCHIVE